トラブルの対応

給湯器

給湯器のトラブル対処法

給湯器を使用していてガス臭くなったら、すぐに換気をしてガス栓やガスメーター栓を閉め、大至急ガス会社に連絡をすることが大事です。ガスのニオイが消えてもライターなどの火の使用を禁止して、給湯器本体に触れないようして業者が到着するまで待つことです。給湯器のガス漏れのトラブルはガス会社に連絡をするのが基本ですが、お湯がでないなどのトラブルの場合はちょっとしたことが原因でなることもあります。電源プラグが抜けているだけだったり、ガス栓が閉じられているだけだったり、単純な原因でなることもあるので、まずはそうした基本的なことをチェックして、それでも直らなければガス会社やマンションの管理会社に連絡をすることをお勧めします。

修理をしてくれる業者

給湯器のアクシデントがあった時に修理してくれるのが給湯器の修理をしている専門業者です。賃貸マンションの場合は管理会社に連絡をするのが基本ですが、一戸建ての場合は専門スタッフがいる修理業者に依頼することになります。給湯器の修理業者は24時間対応してくれるところが多く、深夜でも電話をすればすぐに繋がります。修理業者に依頼するときは修理対象となる給湯器メーカーを取り扱っている業者であるかどうかをまずは確かめる必要があります。インターネットを使えば、同じ給湯器メーカーを取り扱っている修理業者を調べることができます。「10年間保証サービス」などアフターサービスが充実している業者を選ぶようにすると後々安心です。

RECOMMEND POST

給湯器

交換と修理

給湯器はの平均寿命は10年ほどだとされています。基本的にはきかいのため故障することはあるでしょう。しかし、使用している給湯器が交換したばかりなのに壊れてしまった場合は修理を依頼しましょう。

お風呂

修理の依頼

給湯器が故障してしまった場合はお風呂の際にお湯が出なくなってしまします。そうすると困るのでしっかりとメーカーのサポートサービスを利用してから業者に修理依頼を行ないましょう。

リモコン

原因を知ろう

住宅に給湯器は欠かせない機器となっています。しかし、機械である給湯器はちょっとしたトラブルで故障してしまう場合もあります。給湯器のことで困った場合は原因などをしっかりと業者の方に調べてもらいましょう。