交換と修理

給湯器

修理と買い替えはどちらがお得なのか

給湯器の寿命は、10年から15年と言われています。やはり、給湯器は機械ですので、故障は付き物です。 給湯器が故障した際に、考える事が二つあります。それは、修理をするのか。思い切って買い換えるのか。この二つを考えますよね。 では、修理と買い替えはどちらがお得なのでしょうか。 答えは、購入してから故障するまでの期間によって変わってきます。 まず、保証期間内の故障についてです。保証期間と言うと、だいたい1年から3年ぐらいだと思います。これは、誰に聞いても間違いなく修理した方がお得です。 判断が難しくなるのが、5年から10年の間に故障するケースです。やはり、機械ですので、故障箇所以外にも劣化する部分が増えてきます。このような時は、故障箇所と消耗部品を取り替えたらいくらなのか、確認するべきでしょう。その金額によって、給湯器を修理するか、買い換えるか決めれば良いと思います。 ちなみに、10年以上経過した給湯器が故障した際には、買い換えた方がお得な事は、言うまでもありません。 要するに、5年から10年の間に故障した際には、どちらがお得なのか、調査する必要があるのです。

業者を選ぶ際の注意点

給湯器の修理代金、または買い換え費用を安価にする為には、業者選びが重要となってきます。買い換えるとなれば、何十万も支払う事になりますし、やはり価格はシビアに見ていきたいですよね。 業者を選定する際には、メーカー直営店や都市ガス業者は避けた方が良いでしょう。給湯器の裏面に記載された連絡先は、だいたいメーカー直営店等が多いのですが、価格は高めに設定されています。給湯器に記載された業者に依頼するのは、自然な事ではありますが、価格で言うとあまりお勧め出来ないのです。 このような業者は、メーカーの定価に近い価格設定をされている業者がほとんどの為、お得な買い物とはならないのです。 逆に、格安すぎる業者にも注意が必要です。給湯器はガスを使用する為、法律で様々な基準もあるので、信頼できる業者に依頼する必要があります。素人同然のスタッフが設置している悪徳業者もいるようです。このような業者は、格安等を売りにして営業していますので、注意が必要です。 このように、業者を選ぶ際には、以上の点を注意したいですね。

RECOMMEND POST

給湯器

交換と修理

給湯器はの平均寿命は10年ほどだとされています。基本的にはきかいのため故障することはあるでしょう。しかし、使用している給湯器が交換したばかりなのに壊れてしまった場合は修理を依頼しましょう。

お風呂

修理の依頼

給湯器が故障してしまった場合はお風呂の際にお湯が出なくなってしまします。そうすると困るのでしっかりとメーカーのサポートサービスを利用してから業者に修理依頼を行ないましょう。

リモコン

原因を知ろう

住宅に給湯器は欠かせない機器となっています。しかし、機械である給湯器はちょっとしたトラブルで故障してしまう場合もあります。給湯器のことで困った場合は原因などをしっかりと業者の方に調べてもらいましょう。