快適な生活の為に

給湯器

住宅の給湯器が故障をすると、キッチンや洗面台からお湯が出なくなり、浴室も使えなくなってしまいます。給湯器が故障をした時には、修理をするか交換をすることが必要になります。 給湯器の寿命は8年程度ですので、寿命に近い場合には、修理をするよりも交換をする方がお得です。修理をしても、しばらくすると寿命になりますので、早めに交換をする方が長い目で見るとお得になります。 給湯器は、頻繁にモデルチェンジが行われます。製造してからしばらく経過すると、修理用のパーツの製造が中止されます。パーツがなければ修理ができませんので、交換をすることが必要になります。 給湯器の修理や交換を依頼する業者は、ガス会社の特約店を選ぶと安心です。

浴室からお湯が出なくなった時は、ほとんどの場合、給湯器の故障が原因です。給湯器が故障した時の修理代の平均的な価格は、工賃込みで1万円から2万円程度になります。 修理代が2万円を超える場合には、修理をするよりも交換をする方が、長期的にはお得になります。給湯器の交換に必要な費用の相場は、工賃込みで7万円から8万円程度になります。 給湯器の中には中古品もあります。中古品は、新品の40パーセント引き程度の価格で購入できます。しかし、中古品は耐久性に問題があるため、可能な限り新品と交換する方が望ましいです。 浴室の金具なども交換することが必要な場合には、別途パーツ代と工賃が必要になります。トータルコストは、事前に見積もりをしてもらうことができます。

RECOMMEND POST

給湯器

交換と修理

給湯器はの平均寿命は10年ほどだとされています。基本的にはきかいのため故障することはあるでしょう。しかし、使用している給湯器が交換したばかりなのに壊れてしまった場合は修理を依頼しましょう。

お風呂

修理の依頼

給湯器が故障してしまった場合はお風呂の際にお湯が出なくなってしまします。そうすると困るのでしっかりとメーカーのサポートサービスを利用してから業者に修理依頼を行ないましょう。

リモコン

原因を知ろう

住宅に給湯器は欠かせない機器となっています。しかし、機械である給湯器はちょっとしたトラブルで故障してしまう場合もあります。給湯器のことで困った場合は原因などをしっかりと業者の方に調べてもらいましょう。